フッ素樹脂ってなーに・・?

こんにちは。EXwallです。今回は、前回の続きでフッ素樹脂について書いていきたいと思います!

フッ素は、耐摩耗性、耐絶縁性、耐候性に優れており、化学工業、自動車部品、電線被覆などの幅広い分野に使われている高性能樹脂です。PTFE・ポリテトラフルオロチエン・と呼ばれている樹脂が代表的ですが、この樹脂は、溶融、成型が出来ないので塗料用途には、共重合により改質したポリフッ素ビ二リデン樹脂が使われています。

最近開発された、日本ペイントの「4フッ素エチレン樹脂」は今まで使われていたモノマー(3フッ化フッ素樹脂)を構成すCーCI結合が比較的、紫外線に弱いので、結合エネルギーの大きいCーF結合のモノマー(4フッ化フッ素樹脂)に組み替え、無機系樹脂を加えて更に耐候性を高めたものであります。

今のところ、3フッ化フッ素樹脂塗料と4フッ化フッ素樹脂塗料の性能差を現場レベルで判断できないが、両者とも、従来の塗料に比べて抜群の性能を発揮するものであり、実用面では何ら問題ないと考えられます。大切なことは、本質的に施工品質の寄与率が高いので、樹脂本来の耐候性能が生かされて耐久性能が発揮されるように、下地処理等の施工を的確に行うことであります。

しっかりとした施工をすることにより所定の性能が発揮できれば、必然的に塗り替え間隔が長くなり、塗料の単価が高くても長期的には経済的な塗料であると言えます。

そこでひとつ

関西ペイント様のアレスダイナミックMUKIという商品をご紹介いたします!!

この商品は、無機と有機のハイブリットで従来の最高位グレード「フッ素樹脂塗料」を超越!

耐久年数は、15年以上。防カビ・防藻性、弾性下地にも対応し良好な仕上がりに仕上げてくれます。

これです!フッ素をも超えちゃう塗料です。もっと詳しくお聞きしたい方は、店舗までお越しいただくとスタッフが丁寧にご説明いたします。

フッ素樹脂は、最高位でいい塗料としてよくあげられます。フッ素系塗料はビルや商業施設等大きな建物で使用されています。大型の施設での塗り替えは費用も時間もかかりますし、構造によっては容易に施工ができない場合もあります。耐久性の高いフッ素系塗料が選ばれています!

では、一般の住宅には向かない?そういうわけではありません。ただ価格面の問題もありますが一般の住宅では屋根など限られた箇所に使われることが多く、屋根は太陽光や雨の影響が外壁以上に大きく、劣化も早いです。そのため、外壁はシリコン系塗料やウレタン系塗料で、屋根はフッ素系塗料で、というように塗り分けを行います。一般的に、屋根は外壁より面積が小さいので塗り替え費用を抑えることができますし、先に劣化が進む屋根をフッ素系塗料にしておくことで、外壁と屋根の劣化速度を揃える効果もあります。それによって、塗り替えのタイミングを揃えることができます。

要するに、箇所によっては、使う材料も異なってきます。そこに関しては私たちEXWALLは、お客様とねんみつに話し合いをしていきます。

自分の屋根も気になるけど、なかなか見る機会ってないですよね?そこで弊社は、ドローンを使った診断もしていますので、ものの10分もあれば屋根診断できます。

今一度気になった方は、ご自身で事故やケガする前に、EXWALLへご相談いただければ必要に応じて診断しにいきます。もちろん料金はかからないので、お気軽にお問い合わせください

株式会社EXWALL