雪国に多い無落雪屋根について

降雪量の多い地方に暮らす人々を憂鬱にさせる冬の重労働といえば“雪下ろしです。不安定な屋根に上がって積もった雪をスコップで何度もかき下ろす作業は、時間と労力を費やすだけでなく、大きな事故にも繋がりかねません!そんな重労働から、私たちを解放してくれる屋根の一つに「無落雪屋根」があります。雪下ろしをすることなく冬を過ごせる「無落雪屋根」とは、どのような特徴をもつ屋根なのでしょうか???????

・雪国に強い屋根とは。。?

雪に強い屋根として注目されている「無落雪屋根」。積雪量が少ない地域に暮らしていると、なかなか目にすることはありませんが、北海道など 降雪量の多い地方では、かなりの割合で新築の家に採用されているようです。その特徴は、屋根の上に雪を載せたまま安全に過ごせる点にあります。

降り積もった雪をそのままにしておくと、許容量を超えた場合、重みで屋根や建物が破損する可能性があります。そこで、通常の三角屋根は勾配をつけて雪が滑りやすいようにしていますが、落雪により人や車などに被害を加えてしまうこともあります。そのため、定期的に雪下ろしをする必要があるのです。

一方、無落雪屋根は“雪が自然にとけるのを待つ”という新たなコンセプトのもとに誕生した屋根。辛い雪下ろしをすることなく春を迎えられる、降雪量の多い地方の救世主といえるでしょう。

・屋根を無落雪にするメリットとデメリット

降雪量の多い地域では積極的に導入されている無落雪屋根。最大のメリットは、なんといっても“雪下ろしの必要がない”ということでしょう。従来の三角屋根の場合、落雪による被害などを防ぐため定期的に雪下ろしをしなければいけません。

しかし、高い屋根の上で行う雪下ろしは転落の危険を伴う大変な作業です。
その点、無落雪屋根は雪が、自然にとけるまで載せたままにしておけるので安心・安全です。また、雪下ろしをする場合、建物の周囲に雪を溜めておくスペースを確保する必要がありますが、無落雪屋根ならばそれも不要。土地を有効に使うことができますね。

無落雪屋根では雪を下ろさずどんどん積もらせることになるため、重さで屋根が陥没したり、ドアや窓が開かなくなったりする可能性があるのです。そんなリスクを回避するためにも、無落雪屋根の施行は信頼できる業者に依頼しましょう。

・無落雪屋根にする時のおすすめの屋根材

無落雪屋根に適している素材は、「金属」です。金属は組み合わせることによってほぼ密閉された状態になるため、雪どけ水や雨水が入りこみにくくなります。金属屋根材は他素材と比較し軽量のため、構造にかける負担も少なくなります。

「金属だから錆びてしまうのでは?」と不安になる方もいるかもしれませんが、最近の金属屋根材は防錆加工が施されているものがほとんど。
特に「ガルバリウム鋼板」は軽量で耐久性に優れている上、防錆性も高く、多くの無落雪屋根で採用されています。屋根材に迷ったら、「ガルバリウム鋼板」などの金属素材を選ぶことをおすすめします。

無落雪屋根はいまや降雪量の多い地方での安心・安全な生活に欠かせないもののひとつ。
降雪量の多い地方で一戸建てを建築予定の方、もしくは屋根のリフォームを予定している方は、ぜひガルバニウム鋼板を屋根材とする無落雪屋根の導入をご検討ください。

次回は、ガルバリウム鋼板について詳しく書きたいと思います!

株式会社EXWALL