ガルバリウム鋼板。。。

こんにちは。EXWALLです。今回は、ガルバリウム鋼板についてお話ししたいと思います。

ガルバリウム鋼板とはそもそも何かといいますと、、

ガルバリウム鋼板とは、1972年にアメリカで開発された金属素材です!
スタイリッシュでモダンな見た目から近年人気が高まっていますが、実は昔からある素材です。
「ガルバ」「ガルバニウム」「ガリバリウム」などと呼ばれたりします。

アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれ、耐久性に優れた鋼板です。 
それまで、金属屋根素材のトタンは亜鉛メッキ合板でしたが、トタンにアルミを加えて強くしたのがガルバリウム鋼板です。それぞれメリットとデメリットもあります。

              ・メリット

・耐久性に優れている

住宅の中でも、屋根や外壁は常に風雨にさらされるので、耐久性に優れていることは非常に重要な条件です。

ガルバリウム鋼板は、亜鉛鉄板の犠牲防食機能(亜鉛が犠牲となって腐食することにより鉄の腐食が防止されること)と、アルミの長期耐久性を併せ持っているため、従来のトタン屋根に比べ3~6倍の耐久性を誇ります。

加工が容易な鋼材なので、場所を選ばず住宅に使われています。
主に住宅、店舗、工場などの屋根や外壁(サイディング)に力を発揮しています。

積雪の多い地方でも大雪に耐えることが可能なので、安心して雪の季節を過ごすことができます。
また、酸性雪や酸性雨、海岸地域などでも優れた耐久性を発揮します。
ただし、まったく錆びないというわけではないので、定期的なメンテナンスは必要です。

・耐熱性が高い

ガルバリウム鋼板は、鋼板の上に「亜鉛43%・アルミ55%・シリコン1.6%」の合金層があり、熱に強いアルミが多く含まれるため、従来の亜鉛鉄板よりも耐熱性に優れています。

・耐震性に優れている

ガルバリウム鋼板は、1〜3mm程度と非常に薄い素材であり、重さも瓦の10分の1ほどと、とても軽量です。
屋根の重さは、地震の際の家の耐震性に影響を及ぼすのですが、ガルバリウム鋼板は家屋の躯体への負担を軽減し、瓦などに比べ地震の揺れに強いです。

そのため、重ね葺きや外壁の重ね張りなど、全体の重量が増えるような工事に向いています。

・加工しやすい

ガルバリウム鋼板はメッキ層が柔らかいため、複雑な折り曲げが可能です。
これにより、様々な形状の屋根に対応することができます。

最近では、表面にポリエステル樹脂やフッ素樹脂を焼き付けた、紫外線に強い製品なども開発されています。

でもメリットがある反面もちろんデメリットもあります!

             ・デメリット

・断熱性が低い

瓦やスレートの屋根材には、それ自体に断熱性能があるのですが、ガルバリウム鋼板は金属なので、素材自体に断熱性能はありません。

そのため、屋根材の下や屋根裏に断熱材を施工することが一般的です。
その場合、断熱工事費用がかかるので注意しましょう。

・防音性が低い

ガルバリウム鋼板は金属素材なので、瓦やスレートと比べるとどうしても防音性に劣ります。
オプションとして防音材を下地に敷くなどの対応をしないと、雨音が気になる・大きく聞こえる可能性があります。
プラスで費用はかかってしまいますが、リフォーム会社に防音対策も行ってもらうようにしましょう。

・アルカリ性に弱い

耐久力のあるガルバリウム鋼板ですが、アルカリ性との相性は良くないので、施工する環境には注意が必要です。

ガルバリウム鋼板に、枯れ葉や木くず、木材などが長い間付着していると、変色・変質することがあります。
これは、木材に含まれている「木酢液」という酢酸が原因です。
自宅や隣家の庭などに背の高い植物がある場合、こまめに手入れしなくてはいけません。

このように、外壁や屋根などに使用されるガルバリウム鋼板は、メリットデメリットがあります。リフォームを検討中の方にも、覚えていてほしいですね!もし、外壁リフォームや屋根リフォームを検討中の方は、ぜひ一度EXWALLまで、ご相談ください!心よりお待ちしております。

株式会社EX -WALL